2020年4月21日 (火)

「ディスカバー ビートルズ」

皆さん、コロナ疲れなさっていませんか?

外出することが多かった僕なのですが、今は基本的に巣篭もり生活を続けてます。面倒くさいから敬遠してたテレビ会議みたいなのも、打ち合わせのため必要で、アプリをダウンロードさせられトライしてみたら結構面白かったり、、、、。

4月から始まったNHK FMでの僕の番組「ディスカバービートルズ」、聴いて下さってる方ありがとうございます。実は僕も昨夜自宅で聴きました、笑。

昨日は早起きをしてレディ・ガガ主催のチャリティー放送『One World』を観ました。そしてその夜の「ディスカバービートルズ」、一曲目は「愛こそはすべて」でした。
奇しくも53年前の全世界初の衛星放送『Our World』(タイトルも似てる!)でビートルズが歌ったメッセージ・ソング、何か今の状況と被りますよね。

ちなみに昨日の『One World』に出演したポールはきっと「ヘイ・ジュード」か「Let It Be」を歌うのかな、、、と思ったらまさかの「Lady Madonna」(その選曲ってどうなの?)。

その代わりに僕の番組ではシングル・コレクションの3回目なので「ヘイ・ジュード」「Let It Be」はかかり、かけるはずが時間の都合でカットせざるを得なかった「Lady Madonna」はポールが『One World』で歌ってくれ、僕の視点から見ると、なんかうまく収まってます。(ホント他人がみたらどうでもいい事ですが)

確かに、どうでもいい偶然っていえばその通りですが、こういう偶然が起こる度に、この世界は「見えない秩序」に支配されてるような気がしちゃうんです。

なので飛躍すれば、このコロナが終息したら僕ら人類も少しだけ進化できるのでは、、、そのための試練、混沌なのかもと。そう考えると絶望的な気持ちから、ちょっとだけ希望が見えてくる気がします。

いろんなものの価値観が変わり、文化が劇的に進化した1960年代、人類のギアが一段アップした時代を僕はティーンエイジャーとして体験しました。
今またやってきた変わり目の時。
大切なものを守っていき、役目を終えた価値観には別れを告げる時かも。

ビートルズの「愛こそはすべて」を聴いてそんなこと想いました。

お身体に気をつけて。

 

A997bbfaee3f408ab1278cd68588d3e7

2020年4月 4日 (土)

2020・春がきて僕は…

Image Image_20200404192701
桜が舞い散る頃ですが、
毎日暗いニュースばかりで滅入ってしまいますよね。

最近お会いした男性の方から
いかに「Nobody」(ナイアガラ・トライアングル収録曲)が彼にとって衝撃的だったか、
そしてビートルズを知るきっかけとなった曲だったかを熱く語ってもらいました(笑)。
作者としてそんなふうに言ってもらえて嬉しいと同時に、ビートルズ・ファンを一人増やした功績で
40年前の自分を誉めてやりたい気分になりました。

さて、ここで皆さんにお知らせしたい事が2つあります。
まずこの4月からNHK FMでビートルズを再発見する番組を1年間担当することになりました。
「ディスカバー・ビートルズ」という番組で色々な切り口で彼らの魅力や凄さをひもといていくという
内容です。
またビートルズ・ファンが一人でも増えてくれれば幸せです。
毎週日曜日の夜9時から1時間(月末の一週は和田唱君が担当します)、是非聴いて下さい!
http://nhk.jp/fab4-2020

それからもう一つは、去年20周年を迎えたビートリー新撰組(何じゃそりゃ?)、
ピカデリーサーカスのライブをやることにしました。
メンバー8人全員揃うのは本当に久々です、楽しみです。
こんなご時世ですので事態が終息し無事開催できるように一層の「感染しない、感染させない」を
心がけつつ、希望の灯は消さないように頑張りましょう!


以下そのライブの概要です。

Piccadilly Circus LIVE 2020
ピカデリーサーカスがまたやって来る、アレ!アレ!アレ!

出演:Piccadilly Circus
   杉 真理(Vo, G) / 松尾清憲(Vo, G) / 伊豆田洋之(Vo, P) / 風祭 東(Vo, B)
   橋本 哲(G) /上田雅利(Dr) / 小泉信彦(Key) / 山本圭右(G)

【大阪公演】
日時:5月25日(月) 開場 18:15 / 開演 19:00
会場:梅田Banana Hall(大阪市北区堂山町1-21モンテビルB-1)
   https://www.banana-hall.com/
料金:前売 ¥7,400-(消費税込・全席指定・当日1ドリンク代¥600-別途)
   ※当日券を発売する場合は¥500-UP
   ※座席が必要な場合、未就学児童もチケット必要
チケット一般発売: 4月18日(土)
チケット取扱:チケットぴあ https://t.pia.jp/ Pコード:182-723 0570-02-9999
       ローチケ https://l-tike.com/ Lコード:53075
       e+ イープラス http://eplus.jp
問合せ:梅田BananaHall 06-6809-3016 info@banana-hall.com
主催:BananaHall
企画:ドリームランド
制作:チームアクティブ


【東京公演】
日時:6月2日(火) 開場 18:15 / 開演 19:00
会場:SHIBUYA PLEASURE PLEASURE (渋谷109並び、渋谷プライムビル6F)
   http://www.pleasure-pleasure.jp/
料金:前売 ¥7,700-(消費税込・全席指定・当日1ドリンク代¥600-別途)
   ※当日券を発売する場合は¥500-UP
   ※座席が必要な場合、未就学児童もチケット必要
チケット一般発売: 4月18日(土)
チケット取扱:チケットぴあ https://t.pia.jp/ Pコード:183-751 0570-02-9999
       ローチケ https://l-tike.com/ Lコード:71426 0570-084-003
       e+ イープラス http://eplus.jp
       ※会場でのチケット販売はありません
問合せ:SHIBUYA PLEASURE PLEASURE 03-5459-5050
主催:SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
企画:ドリームランド
制作:チームアクティブ
協力:GRATEFUL

各ファンクラブの先行予約はありません。プレイガイド先行、一般販売をご利用ください

 

※写真は地元福岡の桜と、3/27 LOVE FM「Street Noiz」DJ松井伸一さんと。

2020年3月14日 (土)

「2020年の3月14日」

皆様 沢山のお誕生日メッセージありがとうございます。

今年はこんなですから、
誕生日パーティーなどやらずに
自分で祝う感じです。
これがホントの「自祝㊗️ムード!」

この機に、僕はせっせと原稿を書いたり、
曲を書いてDemoを作ったり、
本を読んだり、食べたり飲んだりしてます。

皆さんにお知らせがあります。
今やっているFM世田谷アフタヌーン・パラダイスに加え
4月からラジオの新番組を担当する事になりました。
詳しくは近日あらためてお知らせします。乞うご期待!

その他、いろんな事を企ててます。
皆さんとお会い出来るのを楽しみにしてます。

あ、66歳のスローガン、発表しま〜す。

『キュート 66 ! 』 キュートな66歳を目指します!

 


2020年3月14日 杉真理

2020年3月 1日 (日)

『Dear BEATLES 2020』中止によせて

ディア・ビートルズ中止、楽しみにしてくれていた皆さん、ごめんなさい。僕も去年から準備をして、やる気満々だったのでとても残念です。

初めての名古屋公演も行けなくてガッカリです。

でも気を取り直し、この気持ちを次回に持ち越し、倍返しにして頑張りたいと思います。

2019年2月28日 (木)

「11月のアフパラ」

11月1日は休暇中のバリ島でアフパラを聞きました。

代打の川久保秀一君、いつもありがとう。

11月8日久々お会いした永井真理子ちゃん、可愛い女の子のまんまでした。

(マーナちゃんと別番組で一緒の)ガレッジセールの川田さんもフラッと。

20181108_1 20181108_2 

11月15日は新コーナー「ラジオ昭和パラダイス」、雑誌「昭和40年男」の編集長、北村明広さんと即席メンの話で盛り上がりました。

20181115_1


11月22日はゲストに玲里ちゃん、ニューアルバムやお父さん難波弘之君とのツアーのお話、僕も参加した彼女のレコーディングの話などで楽しく過ごしました。

20181122_1

11月29日はジャズシンガーの五十嵐はるみさん、ニューアルバム「大人の時間」では『ウイスキーがお好きでしょ』をカバーしてくれてます。そこに至るまでの困難な道のり(笑)の話は、、、、したっけかな? 

20181129_1

2019年2月19日 (火)

「バリ島」

10月下旬から11月上旬にかけてバリ島に行ってきました。

ニュー・アルバムのラフMIX音源を持って行き、新鮮な耳でチェックなんかもしましたが、

目的は何と言っても骨休め。1992年に初めて行ってからバリ島はこれで19回目。

スタッフからは毎回「充電してきて下さいよ、放電ではなく」と言われます。

今回も楽しかった、美味しかった、よく歩いた。

おかげで気付けば、ここのとこ朝起きたら痛かった右肩が治ってました。

20181028_1_2 20181028_2

20181029_1 20181031_1

20181102_1 20181030_1

20181103_2 20181103_1

2019年2月11日 (月)

「飯田香 ハロウィン・ライブ」

10月24日、エムズ・カンティーナで、モメカルのヴィオラ奏者飯田香さんの

ライブにゲスト出演した。

演奏の他に久保田洋司君やNaoさん、郷田祐美子さん、ピアニストの清田さんらと恒例のコントもやった。

今回は「スギー・ウォーズ」、ハロウィンなのでホットドッグ・マンの役。

歌も歌った、笑。

20181024_2

2019年1月20日 (日)

「Chapel In The Sun 2018」

2018/10/08 「風音(KAZAOTO) 2018」
音楽を愛し、皆に愛された福岡KBCディレクターの故岸川均さんを偲び、毎年石橋凌さんの音頭により福岡西南学院大チャペルで行われる「風音ライブ」。
凌さんのガッツと岸川さんへの想いには毎回感銘を受ける。

20181008_1

凌さんがまとめてるだけあって、普段はあまり接する機会の少ないロック・フィールドのミュージシャン達と会える場でもある。
僕の母校西南なので場所的にはホームだが、面子的にはアウェイなのだ。
しかしこのアウェイが気持ちいいのは、集まってくるミュージシャンの皆さんがメッチャいい人達だから。
今回もJUN SKY WALKER(S)の宮田和弥君、ウルフルズのサンコンJr、大森南朋さん達とも親しくなれたし、前に曲を提供しCMの仕事でもご一緒した手嶌葵さんとも会えて嬉しかった。

20181008_2 20181008_3

他の皆さんは結構ロック全開なのに比べ僕は基本ギター一本の弾き語り、こういった時こそ自分のロック魂が試される。
 1、Dear Angie
 2、いとしのテラ
 3、ウイスキーが、お好きでしょ
〜ここで伊藤ミキオ君を呼び、彼のゴキゲンなピアノと共にBOXのRock'n Rollナンバー
 4、ブルーベリーヒルへ帰ろう
〜さらに太田惠資さんのバイオリンも交え
 5、コロンブス
楽しかった。
全体のアンコールでは凌さん、石橋凌バンド(渡辺圭一君、藤井一彦君、ミキオ君、サンコン、太田さん、梅津和時さん)に加え手嶌葵さんと共に「Chapel In The Sun」を歌った。

20181008_4

思い起こせば49年前、親父の急な転勤で東京から福岡に戻ってきた僕はこのチャペルの隣にあった西南高校の一年生になっていた。実を言うと志望校(隣の県立高)に落ちてへこんでいた。
驚いたことにこの学校には「聖書科」と言う科目があった(キリスト教系だから今考えれば当たり前)、初めての中間試験で僕はその聖書科の回答用紙に「聖書にある『奇跡』、あれは科学的にありえない、そんな事を信じるのはおかしい」とイチャモンを付けた(身のほど知らずでしょ)。
そしたら当時聖書科主任だった清水先生が「真摯に疑問をぶつけてる」と評価してくれて90点くれた。
清水先生の懐の広さはそのまま西南学院の寛容さだったと思う。ここでは沢山の出会いがあった。この学校に行かなければ僕は音楽をやっていなかったかもしれない。

その数ヶ月後の夏休み東京に遊びに行き、何かのコネでニッポン放送のスタジオでブレッド&バターの歌を見学し心が疼き「俺もバンド作って音楽やろう!」と思った。


で二学期が始まるとすぐクラスで僕の後ろの席だった多才君にマネージャー役を頼み、C組の中村太一を誘ってバンドを始め、岸川さんの番組に出してもらって、チューリップの姫野さん、安部さんと親しくなり、、、、と物語は続くのである。(多才も太一も今は安部さん、岸川さん、清水先生と共に天国にいる)


そう言えばその13年後、デビューして初めてやった学園祭がここ西南大のチャペルだった。その打ち上げは当日福岡でライブだったブレバタと合同でやった。


そこに居たおかしな奴がサントリィ坂本だったのだ。


それから24年後、このチャペルが老朽化のめ建て直す事になり、地元特番用に依頼が来て書いた曲が「Chapel In The Sun」だ。

その後別の経緯(岸川さんが西南大出身だった事など)で、その歌を正に当のチャペルで歌っているのだ。

ずっと音楽をやり続けていられる事、素晴らしい人々との出会い、本当に人生は『奇跡』に満ち溢れている、、、、と高一の自分に教えてやりたい。


そんな想いを胸に強く感じ今年もここで「Chapel In The Sun」を歌った。

ここは毎年新しい出逢いをする場所、と同時に天国にいる恩師や同郷の友を感じる場所なのだ、アーメン。

20181008_5

 

2019年1月15日 (火)

「10月のアフパラ」

10月4日のゲストは、ふくい舞ちゃん。

「Imagine」を僕のギターと生歌でとの無茶ブリにも関わらず、

素晴らしい歌を歌ってくれました。

20181004

10月11日のゲストはミリバールの3人。マイカの愉快な仲間達でもあります。
20181011

10月18日はビートルズの事ならこの人に聞け、藤本国彦さん。
個人的にもずっと前から仲良くしてもらってます。
20181018

10月25日はテーマが「麺類」だったので、番組前にスタッフと東京ラーメンショーへ取材に(取材か?)。
アサリ出汁のラーメンが美味かった!まるでボンゴレ(おどまボンゴレ、ボンゴレ)。
20181025_2_2 20181025_1

ゲストは新バンドTEX LYNXのニューアルバムを従えてAisaちゃんとタカちゃん。
20181025_3

2019年1月14日 (月)

「モメカルとの飽食ツアー」

2018/10/2,13,14,15,16  モメカル・ツアー

弦楽四重奏Moment String Quartet(通称モメカル)とのツアー、

音と共に食も愛するお嬢様達とのツアー、楽しかった美味しかったです。

今回は大阪以外は松尾清憲さんも一緒だったので、BOX曲や共作曲なども盛り込んだメニューでした。

「寒い国から来たスパイ」「お泣きメアリー」「ヒッピーガールとシティボーイ」など生ストリングスが入るとたまりましぇん。

 

10月2日    目黒ブルースアレイ

20181002 

10月13日   大阪心斎橋K225
20181013_1 20181013_2

10月14日 神戸メリケンパークオリエンタルホテルVIEW BAR
10月15日 神戸チキンジョージ
20181015_1 20181015_2

10月16日 名古屋今池 TOKUZO
20181016_1_2 20181016_2
 

«「レコーディングは続く」

フォト
無料ブログはココログ