2019年1月20日 (日)

「Chapel In The Sun 2018」

2018/10/08 「風音(KAZAOTO) 2018」
音楽を愛し、皆に愛された福岡KBCディレクターの故岸川均さんを偲び、毎年石橋凌さんの音頭により福岡西南学院大チャペルで行われる「風音ライブ」。
凌さんのガッツと岸川さんへの想いには毎回感銘を受ける。

20181008_1

凌さんがまとめてるだけあって、普段はあまり接する機会の少ないロック・フィールドのミュージシャン達と会える場でもある。
僕の母校西南なので場所的にはホームだが、面子的にはアウェイなのだ。
しかしこのアウェイが気持ちいいのは、集まってくるミュージシャンの皆さんがメッチャいい人達だから。
今回もJUN SKY WALKER(S)の宮田和弥君、ウルフルズのサンコンJr、大森南朋さん達とも親しくなれたし、前に曲を提供しCMの仕事でもご一緒した手嶌葵さんとも会えて嬉しかった。

20181008_2 20181008_3

他の皆さんは結構ロック全開なのに比べ僕は基本ギター一本の弾き語り、こういった時こそ自分のロック魂が試される。
 1、Dear Angie
 2、いとしのテラ
 3、ウイスキーが、お好きでしょ
〜ここで伊藤ミキオ君を呼び、彼のゴキゲンなピアノと共にBOXのRock'n Rollナンバー
 4、ブルーベリーヒルへ帰ろう
〜さらに太田惠資さんのバイオリンも交え
 5、コロンブス
楽しかった。
全体のアンコールでは凌さん、石橋凌バンド(渡辺圭一君、藤井一彦君、ミキオ君、サンコン、太田さん、梅津和時さん)に加え手嶌葵さんと共に「Chapel In The Sun」を歌った。

20181008_4

思い起こせば49年前、親父の急な転勤で東京から福岡に戻ってきた僕はこのチャペルの隣にあった西南高校の一年生になっていた。実を言うと志望校(隣の県立高)に落ちてへこんでいた。
驚いたことにこの学校には「聖書科」と言う科目があった(キリスト教系だから今考えれば当たり前)、初めての中間試験で僕はその聖書科の回答用紙に「聖書にある『奇跡』、あれは科学的にありえない、そんな事を信じるのはおかしい」とイチャモンを付けた(身のほど知らずでしょ)。
そしたら当時聖書科主任だった清水先生が「真摯に疑問をぶつけてる」と評価してくれて90点くれた。
清水先生の懐の広さはそのまま西南学院の寛容さだったと思う。ここでは沢山の出会いがあった。この学校に行かなければ僕は音楽をやっていなかったかもしれない。

その数ヶ月後の夏休み東京に遊びに行き、何かのコネでニッポン放送のスタジオでブレッド&バターの歌を見学し心が疼き「俺もバンド作って音楽やろう!」と思った。


で二学期が始まるとすぐクラスで僕の後ろの席だった多才君にマネージャー役を頼み、C組の中村太一を誘ってバンドを始め、岸川さんの番組に出してもらって、チューリップの姫野さん、安部さんと親しくなり、、、、と物語は続くのである。(多才も太一も今は安部さん、岸川さん、清水先生と共に天国にいる)


そう言えばその13年後、デビューして初めてやった学園祭がここ西南大のチャペルだった。その打ち上げは当日福岡でライブだったブレバタと合同でやった。


そこに居たおかしな奴がサントリィ坂本だったのだ。


それから24年後、このチャペルが老朽化のめ建て直す事になり、地元特番用に依頼が来て書いた曲が「Chapel In The Sun」だ。

その後別の経緯(岸川さんが西南大出身だった事など)で、その歌を正に当のチャペルで歌っているのだ。

ずっと音楽をやり続けていられる事、素晴らしい人々との出会い、本当に人生は『奇跡』に満ち溢れている、、、、と高一の自分に教えてやりたい。


そんな想いを胸に強く感じ今年もここで「Chapel In The Sun」を歌った。

ここは毎年新しい出逢いをする場所、と同時に天国にいる恩師や同郷の友を感じる場所なのだ、アーメン。

20181008_5

 

2019年1月15日 (火)

「10月のアフパラ」

10月4日のゲストは、ふくい舞ちゃん。

「Imagine」を僕のギターと生歌でとの無茶ブリにも関わらず、

素晴らしい歌を歌ってくれました。

20181004

10月11日のゲストはミリバールの3人。マイカの愉快な仲間達でもあります。
20181011

10月18日はビートルズの事ならこの人に聞け、藤本国彦さん。
個人的にもずっと前から仲良くしてもらってます。
20181018

10月25日はテーマが「麺類」だったので、番組前にスタッフと東京ラーメンショーへ取材に(取材か?)。
アサリ出汁のラーメンが美味かった!まるでボンゴレ(おどまボンゴレ、ボンゴレ)。
20181025_2_2 20181025_1

ゲストは新バンドTEX LYNXのニューアルバムを従えてAisaちゃんとタカちゃん。
20181025_3

2019年1月14日 (月)

「モメカルとの飽食ツアー」

2018/10/2,13,14,15,16  モメカル・ツアー

弦楽四重奏Moment String Quartet(通称モメカル)とのツアー、

音と共に食も愛するお嬢様達とのツアー、楽しかった美味しかったです。

今回は大阪以外は松尾清憲さんも一緒だったので、BOX曲や共作曲なども盛り込んだメニューでした。

「寒い国から来たスパイ」「お泣きメアリー」「ヒッピーガールとシティボーイ」など生ストリングスが入るとたまりましぇん。

 

10月2日    目黒ブルースアレイ

20181002 

10月13日   大阪心斎橋K225
20181013_1 20181013_2

10月14日 神戸メリケンパークオリエンタルホテルVIEW BAR
10月15日 神戸チキンジョージ
20181015_1 20181015_2

10月16日 名古屋今池 TOKUZO
20181016_1_2 20181016_2
 

2018年11月30日 (金)

「レコーディングは続く」

9月になってレコーディングもコーラスや上物を残すだけとなってきました。
 
今回は大半自分でコーラスをやってるので、それ以外の曲は鈴木雄大君に活躍してもらいました。
サッチャナイツ で一緒にやってて雄大のコーラスワークの素晴らしさはよく分かってますから。
「最高の法則」もバッチリ、東郷昌和さんに書いた「Who Can Save The World」は昌和さんバージョンで僕が一人多重してますので僕バージョンは雄大君にやってもらおうと前から思ってました。
そして「コロンブス」、すでにサッチャナイツ の面々、岩沢幸矢さん、トラちゃん、遠藤響子ちゃんらのコーラスは入ってるのでこれでコンプリート。
 
20180912_1
 
別日には「最高の法則」「Your Kiss」等にブラスをダビング。
トランペットに斎藤幹雄さん、サックス、トロンボーンは松田靖弘さん。
モノホンが入ると勢いが倍増します。 
 
20180917_1_2
 
又別日にはセンチメンタル・シティロマンスの細井豊さんにハーモニカで「コロンブス」に色を添えてもらいました。
このところ毎年杉祭りではお世話になってます。
この日も流石でした。
 
20180926_1
 
そしてレコーディングのほぼ締めには、大学時代からの妹分竹内まりやさんにコーラスで参加してもらいました!
曲は彼女に書いてシングルにもしてもらった「Dear Angie」。 
この曲の参加をメールで頼んだ時の返信は「杉さんの曲でみーくん(うちの息子)がドラムで、私もコーラス参加、なんて大学時代の私達が見たら嬉しがるだろうね~」、今年デビュー40周年のまりやちゃん、ホント昔から変わってない出来た妹分です。
 
20180917_2
 

2018年11月21日 (水)

「ピュアミュージック 残暑お見舞いツアー」

村田君がいなくなってから3度目のピュアミュージック残暑お見舞いツアー。9月7日博多、8日大阪、9日名古屋、14日川崎と続いた。

僕と村田和人と伊豆田洋之君と山本英美君で毎夏、アマチュア時代にもしなかったような真面目なリハ(アタマの中がウニになるほどの猛特訓)を経てやって来たこのツアー。
毎回これで最後にしちゃおうかな?と思って臨むのだけど、村田君の曲を演奏する貴重な機会はなくしたくない。
それに各オリジナル曲に加えクイーン、ビージーズ、ELO、からビーチボーイズまでコーラスのフルコピーを(今更ながら)やっちゃうから、勉強にもなる。村田がいなくなったからドゥービー・ブラザースはやれなくなっちゃったけど。
おまけにこの三人でハモると村田の声が聞こえてくる気がするのだ。
ついでに各地で美味しいものを食べられて楽しい。
しかしエアサプライだのディオンヌ・ウィズ・フレンズだのマイケル・ジャクソンだのハードルが高すぎます(泣)、良くやってます俺たち。
今回も村田が居たら必ずやったであろう「ド・ピーカン」からの曲を三人で演奏した。
そしてこの三人による「一本の音楽」は特別なパワーに溢れてて泣きそうになる。

20180909
 
1 Handle me with care(Traveling Wilburys)
2 Mr.Blue Sky(E.L.O)
3 RAINBOW SEEKERS(山本)
4 Whisper Today(伊豆田)
5 夢のMexico(杉)
6 ROSE BUD DAYS(伊豆田)
7 コロンブス(杉)
8 青い夜(山本)
9 Hello Again(村田)
10 南の島の結婚式(村田 &Friends)
11 Tシャツにアロハ(村田 &Friends)
12 That's What Friends Are For(Dionne Warwick)
13 How Deep Is Your Love(Bee Gees)
14 Every Woman In The World(AIR SUPPLY)
15 スクールベルを鳴らせ!(杉)
16 夢みるプリテンダー(山本)
17 ダンスが終わる前に(伊豆田)
18 太陽の Precious(村田)
E.C.1 
1 Hotel California(Eagles)

2 Heal The World(M.Jackson)

3 一本の音楽(村田)

 

20180914

2018年10月23日 (火)

「9月のアフパラ」

毎週木曜日13時〜17時、三軒茶屋キャロットタワーから公開生放送してる

9月6日のゲストは写真作家の木村尚樹さん。モノクロの素敵な写真を見せて頂いた。 

20180906_1
 

その後川久保秀一君がご自分で釣ったカツオとゴーヤを持って来てくれた。 

20180906_2
 

9月13日は雑誌「昭和40年男」プロデューサー・北村明広さんがゲスト。昭和洋楽を紹介した。 

20180913
 

9月20日のゲストは木戸泰弘さん、コーラスの大家で実に沢山のアーチストのサポートで有名な人なのに、ずっとピュアに音楽と向き合ってる。

20180920
 

そして9月27日はニューアルバム「All The World is made of stories」を発表したばかりの松尾清憲ちゃま。今回も又々名作です、たまには駄作もお願いしますよ。

20180927

2018年10月19日 (金)

「レコーディング モメカル」

9月2日、この日はダビングを沢山やった。
まず山本圭右、橋本哲の二人が「平和な人へ」のギターを。
この曲は村田和人君が天国にいった後の「ずっとピーカン・ツアー」中に、彼を想って書いた曲。
その後村田バンドの小板橋博司君がコーラスを歌ってくれて、益々村田っぽさが出てしまいました。 
 
20180902_1
 

その後は「君を想って」のギターソロとコーラスを僕が録り、「最高の法則」の追加ピアノを小泉君が。 
夜10時からモメカルが「君を想って」「コロンブス」「夏草のタンゴ」を良い感じで奏でてくれました。
 
20180902_2
 
20180902_3

2018年10月 1日 (月)

「8月のアフパラ」

毎週木曜日13時〜17時、三軒茶屋キャロットタワーから公開生放送してる

アフタヌーン・パラダイス。

8月2日は神戸でライブだったので川久保秀一君に代打を頼みました。

余談だが、川久保君の釣って自らさばいて持って来てくれる魚はいつも美味しい。

8月9日は弟分とも言える山田稔明君がゲスト、ゴメスの新作も良かった。

20180809

8月16日は番組終了後、スタッフと毎夏恒例の野球観戦。

20180816

8月23日はMintzのお二人、彼らのプロデューサーは1986年のLet’s City Harmoney以来お友達のザッキー。

20180823

8月30日はまず岩沢幸矢さんが飛び入り、すでにビールいってました。

20180830_1

その後、「マニュライフ生命」のネットCM曲の制作でご一緒したHARUNA Crystalさん。

澄んだ歌声でヨガにも精通なさっていて、ビールもお好きだとか。

20180830_2

2018年9月25日 (火)

「エムズ・カンティーナの日々」

8月25日から日替わりメニューでエムズ・カンティーナに通った。

25日はモーメント・サマー・セッションで松尾君と二人で演奏。

1. 浜辺のあの娘

2. エミリーのいない週末

3. Hide Away (杉Vocal)

4. World Of Love(松尾Vocal. Pf)

5. 女神のいた夏

6. マイ・ルネッサンス 

7. Good Friend 

8. One Summer Girl

9. Oh, キャロライン

10. Journey To Your heart

8月27日は久保田洋司君とアナログ・レコードをかける「回すぜ!」に出演。

昔作った曲のネタを赤裸々紹介。

28日はモメカルのヴィオラ奏者、飯田香ちゃんのかおるん祭り。今回も彼女作のコントに出演、歌も歌いました。

 

20180828_1_2

そして翌29日はモーメント・ストリング・カルテットとのライブ。2部では夏の曲をドーンとやりました。

 

20180829_1

2018年9月21日 (金)

「杉真理秘宝館T(タロウ)」

第4回目になる『杉真理 秘宝館』が8月25日から31日まで

駒沢大学駅そばのエムズ・カンティーナで開催された。

この怪しげなタイトルの催し、僕の昔のレコーディング資料や記録用に撮ってあったライブ映像、特製ガチャポン、

果ては小学校の頃の絵日記までさらしちゃうという、「え〜い、もう」的な展示会(?)なのだ。

開催に先駆けて歴代のテレビCM画像などを一人で観た。

「A面で恋をして」「素直になりたい」「君にしてあげられること」etc.

亡くなった方達がお盆にふと逢いに来てくれた様な気がした。

 

20180825_1 20180825_2

«「Sparkling☆Cherry レコ発ライブ」