« 「9月のアフパラ」 | トップページ | 「レコーディングは続く」 »

2018年11月21日 (水)

「ピュアミュージック 残暑お見舞いツアー」

村田君がいなくなってから3度目のピュアミュージック残暑お見舞いツアー。9月7日博多、8日大阪、9日名古屋、14日川崎と続いた。

僕と村田和人と伊豆田洋之君と山本英美君で毎夏、アマチュア時代にもしなかったような真面目なリハ(アタマの中がウニになるほどの猛特訓)を経てやって来たこのツアー。
毎回これで最後にしちゃおうかな?と思って臨むのだけど、村田君の曲を演奏する貴重な機会はなくしたくない。
それに各オリジナル曲に加えクイーン、ビージーズ、ELO、からビーチボーイズまでコーラスのフルコピーを(今更ながら)やっちゃうから、勉強にもなる。村田がいなくなったからドゥービー・ブラザースはやれなくなっちゃったけど。
おまけにこの三人でハモると村田の声が聞こえてくる気がするのだ。
ついでに各地で美味しいものを食べられて楽しい。
しかしエアサプライだのディオンヌ・ウィズ・フレンズだのマイケル・ジャクソンだのハードルが高すぎます(泣)、良くやってます俺たち。
今回も村田が居たら必ずやったであろう「ド・ピーカン」からの曲を三人で演奏した。
そしてこの三人による「一本の音楽」は特別なパワーに溢れてて泣きそうになる。

20180909
 
1 Handle me with care(Traveling Wilburys)
2 Mr.Blue Sky(E.L.O)
3 RAINBOW SEEKERS(山本)
4 Whisper Today(伊豆田)
5 夢のMexico(杉)
6 ROSE BUD DAYS(伊豆田)
7 コロンブス(杉)
8 青い夜(山本)
9 Hello Again(村田)
10 南の島の結婚式(村田 &Friends)
11 Tシャツにアロハ(村田 &Friends)
12 That's What Friends Are For(Dionne Warwick)
13 How Deep Is Your Love(Bee Gees)
14 Every Woman In The World(AIR SUPPLY)
15 スクールベルを鳴らせ!(杉)
16 夢みるプリテンダー(山本)
17 ダンスが終わる前に(伊豆田)
18 太陽の Precious(村田)
E.C.1 
1 Hotel California(Eagles)

2 Heal The World(M.Jackson)

3 一本の音楽(村田)

 

20180914

« 「9月のアフパラ」 | トップページ | 「レコーディングは続く」 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ピュアミュージック 残暑お見舞いツアー」:

« 「9月のアフパラ」 | トップページ | 「レコーディングは続く」 »

フォト
無料ブログはココログ